2010年02月28日

テンツクってさあ

tenntuku2.jpgいったい何なのさ?
何の物質でできてんのさ?
マコ1号がテンツクを殴ってる絵を描こうとしたんだけどさ…
できてみたら、つられて踊ってたんだよ
情けないもうやだ〜(悲しい顔)
posted by マコ1号 at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2010年02月27日

四国うどんツアー 〜坂出・高松編〜

2009年3月26日、マコ1号と相棒Mr.Xは、青春18切符で香川県高松方面へ小旅行に行った。

主な目的は三つ
・本場の讃岐うどんを食べる
・秘境駅「坪尻」に行ってみる
・お気に入りの映画「サマータイムマシンブルース」の撮影舞台となった善通寺付近を散策する

ということで、2009年3月26日に終電で神戸駅を出発!18切符は日付が変わった瞬間から有効になるので、こうすると普通に朝出発するよりも少しお得なのだ。
以前は四国への夜行があったらしいが、この時は廃止されていたのが若干残念。
が、夜行を使わずとも、日付が変わってからの終電で神戸から姫路まではたどり着けるである。
しかし、電車遅れまくりの上に姫路クソ寒かった。この日は、姫路で1泊した。

夜の駅から出発って、特にワクワクするねるんるん
shikoku1.jpg

同日26日午前!姫路から岡山まで行き、岡山からマリンライナーで四国へ渡る。途中乗換えが非常にタイトな駅があり、乗客みなで集団ダッシュ。
shikoku2.jpg

マリンライナーに乗ってしばらくすると、すぐに陸地が見えた!
「もう四国へ着いたのか!?マリンライナーHAEEEEE!!!」ってビックリしたけど、まだ他の島だった。あの辺にはいくつか島があるようだ。

今度こそ本当に四国に上陸!四国の玄関口坂出駅で降りた
shikoku3.jpg shikoku4.jpg

ガイドブックやネットの情報でピックアップしておいた、行ってみたいうどん屋さんを探す。
1件目のうどん屋さんは判りにくい所にあるという…
とぼとぼと、どことなく懐かしい雰囲気が漂う坂出の町を歩く。

あったー!上原製麺所!通りに看板が出されていて、思ったより早く発見できた。情報通りただの町工場のような外見。なんといっても製麺所だからね。讃岐うどんは製麺所でいただくのが安くて旨い。観光名物の食べ物で一般価格より安くいただけるのは、讃岐うどんくらいではなかろうか。一杯100円だか120円だかで超うまいうどんが食べられるのだ。
shikoku5.jpg

製麺所内に設けられた食事スペースは、セルフ方式。讃岐うどん製麺所での食事の作法がよくわからないので、無作法な振る舞いがあっては追い出されるんじゃなかろうか、YUZAN KAIBARAみたいな人がでーんと陣取っていたらどうしようか、などと、怯える小動物のような心持で恐る恐る入店したが、親切なおばちゃんが色々と教えてくれたので何も問題なかった。近年は讃岐うどんツアーに訪れる観光客も多いのか、製麺所初心者への対応も慣れたもので、とても親切でよかったよかった。
次々お客さんが来て、宅急便で持ち帰り用を注文してる人もたくさんいた。
我々と同じく、はじめてのうどんツアー中であろう者が怯える小動物のような雰囲気で製麺所に入って来たりもして、おもしろかった。
蛇口からうどんのダシが出るの、おもしろいね

ここではシンプルなうどんを食べる。さすが本場、おいしくて、ぺロッと食べちゃった。具とかいらない。うどんUMEEE
shikoku6.jpg

次は、高松駅に移動!ここでレンタルサイクルを借りる。これすごい100円でまる一日借りられる。しかも高松市内は自転車道路がよく整備されている。
shikoku7.jpg

今度はさか枝というウドン屋さんへ
shikoku8.jpg

ここは、製麺所スタイルではなく、ぱっとみて食べ物屋さんとわかる。
こちらも昼過ぎだが多くの人で賑わっていた。
大きな天ぷらがいっぱいあって、感動!こんな大きな天ぷらは初めてだ。
さっきの上原製麺所より、ダシはニボシ風味が強く、麺の腰がより強い傾向にあった。

2回連続でウドンを食べたにもかかわらず、飽きるどころかもっと食べたい!これが香川名物うどん中毒か…

(※Mr.Xによる加筆あり)

高松の街編へつづく
posted by マコ1号 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ

ドラクエY(スーファミ版)をやる

nijimelody.jpgマコ1号は、ゲームはちょっとしかやらないんだけど、ファミコンの水戸黄門とか好きだったね。あとはスーファミの上海とか、ボンバーマンとか好きで時々やる。

今マコ1号は、ドラクエ6をやってる。といっても、今流行のDSとかじゃなくて、昔のスーファミの方ね。
リアルタイムでやったことなくて、去年初めて一度やって、失敗して挫折して、最近になって最初からやり直してるところ。
まだ前半だけど、今度はうまくいきそう…

ドラクエ6難しいけどおもしろいね。
路上観察者にはたまらない「絶対階段」とか出るし!「時空の歪み」とかパラレルワールドみたいのにも興味があるマコ1号にとっては、うってつけかもしれんね。

「くものきょじん」はハラ立つね。オッサンのくせに、攻撃するときの動作が森高千里の振り付けみたいでさ。

何かキャラのイラストを描こうと思ってやってみたんだけど、今日はうまくいかないからやめて、関係ない過去のイラストを貼っといたよw

posted by マコ1号 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年02月26日

今日の2曲 「Island in the sun」WEEZER・「休日」奥田民生

candy.jpegマコ1号は奥田民生もWEEZERも大好き!

どちらもバカンス?現実逃避?の歌、歌詞の内容もかぶってる
南の島といえば、夏に淡路島へ行ったのを思い出すなー
楽しかったなー

それでは、youtubeでみつけた

「Island in the sun」WEEZER


「休日」奥田民生


をどうぞ!
posted by マコ1号 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

石切道を行く その3

※石切道を行く 〜その1〜 〜その2

「石切道」は昔、切り出した御影石を運ぶルートだったという。
こんなハードな道で石を運ぶなんて…
先人たちの苦労がしのばれる
ishikiri25.jpg ishikiri26.jpg

マコ1号もMr.Xも無口になっている。
もはや口ずさんでいたベートーヴェンは聞こえなくなっていたw

360度木に囲まれている!
山の木は街の木と違って、元気いっぱいだ
ishikiri27.jpg ishikiri28.jpg ishikiri29.jpg

ところどころ、イノシシか何かが木の根っこを掘り返した跡がある。
相変わらず聞こえるのは、風の音や鳥の声だけ…
これ、もし独りだけだったら不安で仕方ないと思うね
独りで登ってる人はすごいなー

あっ、景色が見えるぞ!
ishikiri30.jpg

もうすぐゴールだ!
ishikiri31.jpg

やっとコンクリートの道に出た!
人工物を見て、これほどホッとしたことはないw

そして……

ついにゴール!
記念撮影ダカメラ
ishikiri32.jpg ishikiri33.jpg

ついに六甲山頂へ登ってしまったんだなあ…
ちょっと前までは、六甲山を歩いて登れるとは思っていなかった

街を見下ろすと、とても感慨深い
ishikiri34.jpg ishikiri35.jpg

ちょっと下りつつ、ケーブル乗り場へ向かう。
いつの間にか日が暮れて、神戸名物の夜景が広がる夜
ishikiri36.jpg

ケーブル乗り場につきました
ishikiri37.jpg ishikiri38.jpg

下りは夜景をみながら、楽チン楽チン♪
ishikiri39.jpg

ケーブルの最終地点に到着
ishikiri40.jpg

いやー、初の本格的な山歩き、大成功!
途中しんどくなったこともあるけど、楽しかった♪
これをきっかけに、マコ1号とMr.Xは、さらに山歩きにハマッていくことになるのであった。

そして、六甲山から帰還した我々を派手な看板が待ち受けていた
ishikiri41.jpg ishikir41.jpg

…ドッと疲れがwww

posted by マコ1号 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

2010年02月24日

石切道を行く その2

※石切道を行く 〜その1〜

ドンドン行くよー!
ishikiri13.jpg

結構急な斜面を果敢に登るMr.X
ishikiri14.jpg

木が何本かなぎ倒されてて、ちょっとビビる
ishikiri15.jpg ishikiri16.jpg

おや?マコ1号の足取りが重いようだ。口ずさむベートーヴェンのソナタが途切れがちになっている
ishikiri17.jpg

ウワー…まだまだあるよ
ishikiri18.jpg

ちょっと見晴らしの良いところに出たので休憩
ishikiri19.jpg

周りに響くのは、風に揺れる木々の音だけ。
ザワザワザワ…
気持ちいいけど、ちょっと不安になってくるよ

さあ、また再開!
ishikiri20.jpg

花やらキノコも生えている
ishikiri21.jpg ishikiri22.jpg ishikiri23.jpg

草ボーボーの道は、ちょっと苦手なんだ…
ishikiri24.jpg


感動のラスト石切道を行く 〜その3〜に続く
posted by マコ1号 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

石切道を行く その1

2008年10月2日、マコ1号と相棒Mr.Xは、以前から気になっていた「石切道」から六甲山頂へ登ることになった。

きっかけは、そう、夏に行った五助ダムの道の途中にあった石の道しるべ…
「石切道」について色々調べた結果、六甲山頂ガーデンテラス(過去にケーブルなどを使って遊びに行ったことがある)に歩いて登れるという。


まず「くるくるバス」で登山口まで登り、五助ダムの方向に歩く。
雷に怯えながら撮影した思い出が甦る
ishikiri1.jpg

そのすぐ近くに、石切道の入り口がある
ishikiri2.jpg

いよいよスタート!
ishikiri3.jpg

「石切道」というだけあって、道は石でゴツゴツしている
ishikiri4.jpg ishikiri5.jpg

途中、水が流れているところもある
ishikiri6.jpg

人工物がなく、「公園」とは全然違う。
周りは草木ばかりだ。これぞマイナスイオンの宝庫!

ヨイショ、ヨイショ!
ishikiri7.jpg

おっ、コンクリートの道に出てきたぞ
ishikiri8.jpg ishikiri9.jpg

石がズラーッと積んである!前から見たところと、後ろから見たところ
ishikiri10.jpg ishikiri11.jpg

道案内によると、あと2キロのようだ
ishikiri12.jpg


石切道を行く 〜その2〜に続く
posted by マコ1号 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

2010年02月22日

チョコチーズケーキを作ったよ

sweets.jpegこないだのバレンタインには、チョコチーズケーキを作った。
去年もチョコチーズケーキを作ったんだけど、作り方を忘れちゃったんで、ネットで色々検索して、自分なりのケーキを作ってみた。
忘れないように、ここにメモしておくとしよう。

☆材料
・クリームチーズ…200グラム
・チョコレート…明治のビターチョコとミルクチョコの計2枚
・卵…1コ
・砂糖…10グラムくらい
・小麦粉…20グラムくらい
・ケーキ型…ダイソーの紙でできたやつ、直径20センチくらい

☆作り方
・クリームチーズをレンジで少しだけ温めて、クリーム状になるまで泡だて器で練る
・チョコレートをレンジで溶かし、クリームチーズに混ぜ合わせる
・さらに卵を溶きほぐしたもの加えてを混ぜる
・さらに砂糖と小麦粉を加えて混ぜる
・全て混ぜ合わせたらケーキ型に入れ、160〜175度くらいに予熱したオーブンで、35〜45分くらい焼く(マコ1号はオートのケーキモードの一番低温で焼いた)
・焼けたらケーキに串を刺して、ドロッと付いてこなければOK!
・冷まして冷蔵庫で冷やして食べる

めっちゃ簡単で、おいしいるんるん一切れでもズッシリとした濃厚な食べ応え!生クリームを付けて食べちゃった…

ココアかコーヒーの粉をちょっと入れて、ほろ苦さを出すともっといいかも知れんね

これヤバイね、運動しなくちゃwww
posted by マコ1号 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クッキングごっこ

2010年02月21日

あえていつもの風景

過去に撮った画像から、見慣れている風景を集めてみた

会下山公園から見た神戸の街(桜が咲いているが、2008年4月のもの)
kobe-1.jpg

湊川公園周辺…画像右の「人工衛星饅頭」は食べたことないなー
kobe-2.jpg kobe-3.jpg kobe-8.jpg

明石城から明石海峡大橋が見える
kobe-4.jpg

わりと近所
kobe-5.jpg kobe-6.jpg

新開地駅の地下
kobe-7.jpg kobe8.jpg

阪神御影周辺
kobe9.jpg kobe-10.jpg kobe-12.jpg
posted by マコ1号 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 虹色の風景

2010年02月20日

過去のイラストたち

過去に描いた謎のイラストが発掘された!
過去の方が、今よりはペンタブを使いこなしているようだ。

ドアラ
doara.jpeg

渡哲也
doara.jpeg



otenkimelody.jpeg

金と女(女だけ描いたのに、何者かによってお金と文字が足されていた)
nijimelody.jpg


paka.jpeg

posted by マコ1号 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他