2010年02月26日

石切道を行く その3

※石切道を行く 〜その1〜 〜その2

「石切道」は昔、切り出した御影石を運ぶルートだったという。
こんなハードな道で石を運ぶなんて…
先人たちの苦労がしのばれる
ishikiri25.jpg ishikiri26.jpg

マコ1号もMr.Xも無口になっている。
もはや口ずさんでいたベートーヴェンは聞こえなくなっていたw

360度木に囲まれている!
山の木は街の木と違って、元気いっぱいだ
ishikiri27.jpg ishikiri28.jpg ishikiri29.jpg

ところどころ、イノシシか何かが木の根っこを掘り返した跡がある。
相変わらず聞こえるのは、風の音や鳥の声だけ…
これ、もし独りだけだったら不安で仕方ないと思うね
独りで登ってる人はすごいなー

あっ、景色が見えるぞ!
ishikiri30.jpg

もうすぐゴールだ!
ishikiri31.jpg

やっとコンクリートの道に出た!
人工物を見て、これほどホッとしたことはないw

そして……

ついにゴール!
記念撮影ダカメラ
ishikiri32.jpg ishikiri33.jpg

ついに六甲山頂へ登ってしまったんだなあ…
ちょっと前までは、六甲山を歩いて登れるとは思っていなかった

街を見下ろすと、とても感慨深い
ishikiri34.jpg ishikiri35.jpg

ちょっと下りつつ、ケーブル乗り場へ向かう。
いつの間にか日が暮れて、神戸名物の夜景が広がる夜
ishikiri36.jpg

ケーブル乗り場につきました
ishikiri37.jpg ishikiri38.jpg

下りは夜景をみながら、楽チン楽チン♪
ishikiri39.jpg

ケーブルの最終地点に到着
ishikiri40.jpg

いやー、初の本格的な山歩き、大成功!
途中しんどくなったこともあるけど、楽しかった♪
これをきっかけに、マコ1号とMr.Xは、さらに山歩きにハマッていくことになるのであった。

そして、六甲山から帰還した我々を派手な看板が待ち受けていた
ishikiri41.jpg ishikir41.jpg

…ドッと疲れがwww

posted by マコ1号 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

2010年02月24日

石切道を行く その2

※石切道を行く 〜その1〜

ドンドン行くよー!
ishikiri13.jpg

結構急な斜面を果敢に登るMr.X
ishikiri14.jpg

木が何本かなぎ倒されてて、ちょっとビビる
ishikiri15.jpg ishikiri16.jpg

おや?マコ1号の足取りが重いようだ。口ずさむベートーヴェンのソナタが途切れがちになっている
ishikiri17.jpg

ウワー…まだまだあるよ
ishikiri18.jpg

ちょっと見晴らしの良いところに出たので休憩
ishikiri19.jpg

周りに響くのは、風に揺れる木々の音だけ。
ザワザワザワ…
気持ちいいけど、ちょっと不安になってくるよ

さあ、また再開!
ishikiri20.jpg

花やらキノコも生えている
ishikiri21.jpg ishikiri22.jpg ishikiri23.jpg

草ボーボーの道は、ちょっと苦手なんだ…
ishikiri24.jpg


感動のラスト石切道を行く 〜その3〜に続く
posted by マコ1号 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

石切道を行く その1

2008年10月2日、マコ1号と相棒Mr.Xは、以前から気になっていた「石切道」から六甲山頂へ登ることになった。

きっかけは、そう、夏に行った五助ダムの道の途中にあった石の道しるべ…
「石切道」について色々調べた結果、六甲山頂ガーデンテラス(過去にケーブルなどを使って遊びに行ったことがある)に歩いて登れるという。


まず「くるくるバス」で登山口まで登り、五助ダムの方向に歩く。
雷に怯えながら撮影した思い出が甦る
ishikiri1.jpg

そのすぐ近くに、石切道の入り口がある
ishikiri2.jpg

いよいよスタート!
ishikiri3.jpg

「石切道」というだけあって、道は石でゴツゴツしている
ishikiri4.jpg ishikiri5.jpg

途中、水が流れているところもある
ishikiri6.jpg

人工物がなく、「公園」とは全然違う。
周りは草木ばかりだ。これぞマイナスイオンの宝庫!

ヨイショ、ヨイショ!
ishikiri7.jpg

おっ、コンクリートの道に出てきたぞ
ishikiri8.jpg ishikiri9.jpg

石がズラーッと積んである!前から見たところと、後ろから見たところ
ishikiri10.jpg ishikiri11.jpg

道案内によると、あと2キロのようだ
ishikiri12.jpg


石切道を行く 〜その2〜に続く
posted by マコ1号 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

2010年02月20日

冬の初めの五助ダム 〜後編〜

※冬の初めの五助ダム 〜前編〜


ちょっと風があって、結構寒かった。一瞬だけ通り雨もあった
kouyou6.jpg

山の天気は変わりやすいよね。すぐまた晴れてきた

遊んでいたら、いつのまにか、二種類のクッツキ虫が付いてた
kouyou10.jpg kouyou11.jpg

12月で日が短くなっているので、そろそろ帰らなければならない

帰りの方から見たダム
kouyou13.jpg

それにしても、紅葉がきれいだった。いつもより多くの人たちとすれ違った
kouyou14.jpg kouyou16.jpg

そしてラスト付近で…猛獣にあった!
おなかを空かせているようだ!
kouyou15.jpg

目が合ったけどどんっ(衝撃)ありがたいことに生き延びて、今こうして記事を書いている


今年に入って、まだお山へ行っていないので、そろそろ近いうちにまた五助ダムに行ってみようと思う
posted by マコ1号 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

冬の初めの五助ダム 〜前編〜

2009年12月4日、マコ1号と相棒Mr.Xは、もはやお馴染みとなった五助ダムに向かった。
12月に入ると、さすがにキャンプに行くのが厳しくなったので、パワースポット五助ダムでランチを食べることにした。

紅葉がきれいだった
kouyou1.jpg

夏と全然雰囲気が違うよ!
kouyou2.jpg kouyou3.jpg

まだ記事に書いてないけど山登りにももう慣れたので、簡単にダムに着いた。雷に怯えたのも良い思い出だ
kouyou4.jpg

ウンディーネの池に向かうよ
kouyou7.jpg kouyou5.jpg kouyou12.jpg

着いたー!この池はいつ見ても神秘的
kouyou8.jpg kouyou9.jpg

ここでランチタイム。持ってきたキング・オブ・ストーブ123Rで、コーヒーを沸かし、ホットサンドを作って食べた。

後編へつづく
posted by マコ1号 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

2010年02月07日

おまけ・五助ダムの帰り

五助ダムの帰り、かわいいワンちゃんに出会ったよ
o1.jpg

ワンちゃんは石切道に行きたいようだった
o2.jpg o6.jpg

マコ1号も今度いってみたいなあ!(行きました。詳細は後日)

大きなキノコ発見!
o3.jpg

大きさ比較…ネットでなんていうキノコか調べたけど、わかんなかった
o4.jpg o5.jpg

急な階段を下る。この辺までくると、民家がたくさんある。毎日使ってる人は大変だね
o7.jpg

公園に犬がいるのかな?と思ったらイノシシだった!母1頭、子二頭の計三頭がいた。マコ1号は初めてイノシシをみてビックリ!
o8.jpg

またキノコを発見!これは割れてんのか、もともとこうなのか、わからん
o9.jpg
posted by マコ1号 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

幻の五助ダム 〜リベンジ編〜 後編

※前回の記事はこちら→「幻の五助ダム〜リベンジ編〜 前編」


ついに五助ダムに来ることができた!
g2.jpg 

小川にかかる小さな橋を渡っていくと…
g1.jpg g9.jpg

池! 青味がかってきれい。おさかなもいるよ
g3.jpg g6.jpg

ウンディーネかトトロでも出そうな雰囲気だね
g4.jpg g5.jpg


写真だと狭く見えてしまうのが残念。
池の横もハイキングコースになっているようだ

周りは草ボウボウ。Mr.Xによると、昔はこんなにボウボウではなかったようだ
g7.jpg g8.jpg

ついに五助ダムをクリア!バンサーイ
g11.jpg

また来ようね♪
g10.jpg
posted by マコ1号 at 17:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 山登り

2010年02月06日

幻の五助ダム 〜リベンジ編〜 前編

※前回までのあらすじ
マコ1号と相棒Mr.Xの名コンビは、2008年9月6日、五助ダムに向かった。しかし、思いがけず天気が急変、山歩きを断念せざるをえなかった…!

詳しくはこちら→「幻の五助ダム〜失敗編〜」前編 後編


さて2008年9月9日、マコ1号と相棒Mr.Xの名コンビは、五助ダムをクリアすべく、市営バスに乗り渦森橋から五助山に向かった。

シュッパーツ!
ribenji1.jpg

今日はとっても天気がいいよ♪
ribenji2.jpg

植物を観察したり
ribenji3.jpg ribenji4.jpg

景色を見たり
ribenji5.jpg

足取りも軽く登っていくと…

入り口に着いた!いよいよだ
ribenji6.jpg

果敢に進むMr.X特集
ribenji7.jpg ribenji8.jpg

迎え撃つカメラにビックリしているのもいる
ribenji9.jpg

どんどん進むと…
ribenji10.jpg

ついに……

ヤッター、ここまできたぞ!
ribenji11.jpg

リベンジまであと一歩だー!

後編につづく
posted by マコ1号 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

2010年01月31日

幻の五助ダム〜失敗編 後編〜

※前編はこちら

五助ダムに続く細い道を行く
gosuke.l.22.jpg

すごく蒸し暑くなってきた。普段あまり汗をかかない方なのだが、湿気もあって、シャツを絞ったら水分が出そうなくらいになっている。

セミは相変わらずうるさく鳴いている。

あらっ、ダムっぽいものが出てきたぞ!道の横は結構深いよ
gosuke.l.20.jpg gosuke.l.16.jpg

その時であった…
雷ゴロゴロゴロ…

こ、これは!?まさか……そう、マコ1号の非常に苦手とする雷ではないか!でもまだ陽は照ってるし、セミもジャンジャン鳴いている。

雷で気が動転し、変な手のポーズになっているマコ1号
gosuke.l.19.jpg gosuke.l.18.jpg
ここから六甲山に登れるんだね!

いしきりみち…?なんだろう、気になるなあ…でも雷怖いから早く帰ろうよ(石切道の詳細については、また後日)
gosuke.l.17.jpg

ここらへんで撮った動画があるが、マコ1号の怯えきった、まさに負け犬のキューキューいう声ばかりで情けないことになってたwww

雷の音はどんどん大きくなっている。
セミはまだ鳴いている。山のセミはちがうんだなあ…

水の流れるダムが!しかしこの日、これ以上行くことはできなかった
gosuke.l.15.jpg gosuke.l.14.jpg

ささ、ここはもう撤退ですって、急ごう!これ以上の滞在は危険よ!もうやだ〜(悲しい顔)

Oh,くるくるバスとな!これぞ天の助けかな
gosuke.l.21.jpg

雷ゴロゴロ!ドゥドゥーン…
急ぐのニャン!

バス停に到着!ちょうどバスも待っているぞ、脱出ーっ!
gosuke.l.13.jpg

駅に向かうバスの中から見た空、アワワワ…
gosuke.l.11.jpg gosuke.l.12.jpg

そりゃそうだ、ヒントは前編の一枚目の写真!

山にあんな入道雲がかかってりゃ、雷になるだろうよ
でも、行きたかったんだ、五助ダムの奥深く…

今日のところはこれで引き上げてやる…しかし、近いうちリベンジさせてもらうよ!

雷の音に怯えながらもそう誓う、マコ1号と相棒Mr.Xであった。
posted by マコ1号 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り

2010年01月30日

幻の五助ダム〜失敗編 前編〜

2008年9月5日、マコ1号と相棒Mr.Xの名コンビは、五助ダムというところに向かった。
思えばこのころから山にとりつかれ、本格的に山歩きをするようになった。

阪急御影駅を降り、住吉谷に向かう。この日は暑かった。
gosuke.l.1.jpg

住宅地を抜けて、さらに坂を上っていく
gosuke.l.2.jpg

それにしても暑い…
gosuke.l.4.jpg


坂を歩いていくと、どんどん山が深くなっていく。
九月というのに、いろんなセミが激しく鳴いている。


山なのにカニがいる!写真右の、ちょっと水の流れている壁の割れ目にいた。ちっちゃい体で、覗いただけで威嚇してくる!
gosuke.l.6.jpg gosuke.l.5.jpg

キノコもたくさん生えている
gosuke.l.7.jpg gosuke.l.8.jpg


五助ダムに向かう道は狭い。草もボーボーだ。
gosuke.l.9.jpg gosuke.l.10.jpg

まだ、この頃山歩きに慣れていなかった我々には、こんな道でも、ちょっとした冒険であった。

こうして呑気に自然観察などしているマコ1号とMr.X。
この先、恐ろしい目に遭うとも知らずに…

果たして二人は五助ダムに辿り着けるのだろうか……!

後編につづく!
posted by マコ1号 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り